1977(78)年・昭和52(53年)生まれの人が懐かしい~と感じる出来事・モノ・映像などを紹介します。暇つぶし、同窓会のネタ探し、大人の生活に疲れた時の癒し、自分探し、内観療法、ボケ防止、終活などにお使いください。80年代の子ども向けサイト

1977(78)年・昭和52(53年)生まれの「懐かし」ホイホイ~記憶のおもちゃ箱~

音楽

中・高時代「カセットテープ」ノーマル・ハイポジ・メタルやスリムケース

投稿日:

コンパクトカセット
メタル
磁気性能としては、それまでにあった高性能ノーマルやクローム(ハイポジション)を凌駕し、最大残留磁束密度がほぼ2倍、保磁力もノーマルの約3倍、クロームの約1.5倍になり、結果として全帯域での録音レベルが高く、かつてのオープンリールテープに迫るダイナミックレンジを持つと言われた。このテープの登場をもって、コンパクトカセットは本格的なHiFi音楽用としても完成の域に達したといえる。反面、その高性能ゆえに消去されにくく、一度録音したものの上から直接録音すると前の音が残留してしまうなどの問題もあり、取扱いに注意を要することと、元々が高価格であったため(後に低価格化されたが)、長らく愛好家(マニア)向けというイメージがあった。

スリムケース
富士マグネテープ(後の富士フイルムアクシア → 富士フイルム。以下AXIA)が開発し、1990年代に他社も含めて主流となった、標準プラケースよりも20%程薄いタイプ。

小学校の時にカセットからカセットへダビングしてたかは覚えてないですが、中学になって、レンタルビデオ屋(当時急増、ま、行ける範囲には一軒しかなかったけど)や友達からCDを借りてせっせとダビングしてました。

で、音なんかよくわからんのに少ない小遣いからメタルやハイポジのテープを選んで買ったりしてましたねぇ。当時はスーパー行くとカセットテープが山積みされてましたもんね。あとは、スリムケースがカッコ良くて買うんだけど、イマイチ使いにくかったのも覚えてます。

カセットテープはMDが出てきてあまり使われなくなりましたね。高校卒業したら使わなくなったのは、大学行ってバイトしてCD買うようになったのが大きいんでしょうかね。

あと、CDの中古の安売りが一般的になったのが時期的に重なるのでしょうか?最初はバナナレコードとかでそれなりの値段で中古売ってたのが、すぐに、いろんな場所で売るようになり、どんどん安くなっていった気がします。

ネットの反応。

-音楽
-,

Copyright© 1977(78)年・昭和52(53年)生まれの「懐かし」ホイホイ~記憶のおもちゃ箱~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.