1977(78)年・昭和52(53年)生まれの人が懐かしい~と感じる出来事・モノ・映像などを紹介します。暇つぶし、同窓会のネタ探し、大人の生活に疲れた時の癒し、自分探し、内観療法、ボケ防止、終活などにお使いください。80年代の子ども向けサイト

1977(78)年・昭和52(53年)生まれの「懐かし」ホイホイ~記憶のおもちゃ箱~

お菓子・ジュース

1980年代中盤、「ロッチ ドッキリマンシール(ビックリマンの偽物)」(コスモス)ガチャ100円で5枚

更新日:

コスモス (玩具メーカー)
前身の「堀口産業」を株式会社に改組する形で、1977年8月設立。

しかし、1988年2月に倒産。経営破綻の原因については、諸説があるが定かではない。

人気商品にはスーパーカー消しゴムやキン肉マン消しゴムなどがあったが、知的財産権に関しての認識が甘く、数多くのコピー商品を販売していたことでも知られる。例えば機動戦士ガンダムのコピー商品として申し訳程度に名前を変えただけの「宇宙戦士ガンダム」シリーズや、さらにはガンダムを模して独自路線に突入した「ダンガム」シリーズ[4]、チョロQを模した「チョロカー」などがあり、ほかにもなめ猫やルービックキューブなど当時時代の流行となった様々な製品のコピーを販売していた。

補足
この時代では日本国内の中小企業の多くが似たような状況にあり、ヒット商品の陰には必ずと言っていいほどにコピー商品が出回っていた。ローラースルーGOGOやチョロQ、ミニ四駆など子供の玩具も、例外なく大ヒット商品には日本国内で製造されたコピー商品が付きまとっている。

昔は面白かったですねぇ。ロッチのシールはガチャだから曲がってたのが特徴でしたね。キン消しのバッタモンとかは覚えてますが、ミニ四駆もコピー商品があったんですね。

まあ、ある意味パクリは商売の王道ですからね。程度の問題ですよね。しかし「ロッチ」だもんな。

ネットの反応。

-お菓子・ジュース
-, , , ,

Copyright© 1977(78)年・昭和52(53年)生まれの「懐かし」ホイホイ~記憶のおもちゃ箱~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.